【ビジネスシーンに必須な言語】英会話スクールで英語を習得しよう

早めに対策する

レディ

人の耳が音を覚えるのは生後半年から2歳まで

英語力の必要性がますます増加し、受験に際しても英語のリスニングが不可欠な時代となり、幼少期から英会話を身に着けさせたいと考える親御さんが数多くいる時代です。では、幼少期といってもいつから英会話に触れさせることがベストなのかが問題となります。子供が英会話に触れるベストのタイミングは生後半年です。人間の耳は生後半年から2歳の間に音を覚えます。日本語は他の言語と比べると音の種類の数が少ない言語です。ですから、この生後半年から2歳までの間に日本語しか聞いていない人は、後からほかの言語を習得しようと思っても、音を聞き分けることが困難になってしまうのです。これが、日本人が英語をはじめ、他の言語を覚えることが苦手な大きな理由の一つなのです。だからこそ、音を覚える生後半年から2歳までの間に英語に数多く触れさせることが、子供に英会話を習得させる大きなアドバンテージとなるのです。

自然に聞こる環境を作る事

そうはいっても、生後半年の子供、赤ちゃんに会話ができるはずもありません。親の指示に従う事もありません。ですから、英会話をさせることは勿論、例えば英会話のCDやDVDを能動的に聞いたり見たりするわけもありません。しかし、このことは難しく考える必要はないのです。例えば、子供が気に入るようなアニメで音声が英語になっているDVDを、テレビで垂れ流すように再生していればよいのです。好きなアニメであるほど子供は食いついてみますし、飽きてしまって他のことをやっていても、その時に英語が耳に入ってる訳ですから、それだけでも効果はあるのです。子供が日本語を話し始めたとき、親が話した言葉を復唱して話し始めるという事はまずありません。いつの間にか聞いていた言葉を突然発することの方が圧倒的に多いはずです。これは日本語をいつも聞いていて、その間にいつの間にか言葉を覚えているという事です。これと同じことが英会話でも起きるように仕向ける、ということが幼少期の子供に英会話の力を身に着けさせるために重要なことなのです。

Copyright© 2017 【ビジネスシーンに必須な言語】英会話スクールで英語を習得しよう All Rights Reserved.